「必需品」は価格競争になり、「必欲品」は差別化になる。

Submitted by on 8月 1, 2018

 

「必需品」は価格競争になり、

「必欲品」は差別化になる!

 

 

長期ビジネスの鉄則

と言われています。

 

 

 

リペア(修理)ビジネスが

12兆を超えるトレンドとなっていることを、

 

 

また、カーリペアビジネスも

多くの施工・利益となっていることを

皆様もご承知かもしれません。

 

 

カーリペアビジネスも、なくてはならない、

必需なビジネスとなってきました。

 

 

 

突然ですが・・・、

 

 

長期に渡ったモノやサービスを提供、

いわゆる、長期ビジネスには二通りがあります。

 

 

  •  必需品
  •  必欲品

 

 

であります。

 

 

 

「欲」は 「わがまま」です。

 

 

ご存じの通り、

 

 

“必需品”に関しては、どんどん規格化・

同じ技術が増え、値下げされます。

 

 

しかし、

 

 

“必欲品”に関しては、お金をかけます。

わがままになり、値段が上がるのです。

 

 

 

あなたのビジネス(新規事業)は、

 

“必需品”ですか?

“必欲品”ですか?

 

 

 

たとえば、塩を取り上げてみましょう。

“必需品”としての塩は、値段が下がります。

 

 

ところが、

 

 

「こだわりの沖縄の塩」と言った時点で、

“必欲品”に変わります。

 

 

 

塩は日常生活の調味料ですが、

どちらを目指すかで、

 

 

“必需品”か

“必欲品”か

 

 

で、

 

 

ビジネスが変化をし、

長期での利益が変わってきます。

 

 

 

長期のビジネスでは、

お客様は既成の技術・サービスから、

 

 

お客様はわがまま、

「欲」を選択するようになってきます。

 

 

 

お客様は、「自身の欲しい」を優先、

してしまうものです。

 

 

(当社はフランチャイズ専門企業ではなく、

カーリペア・カスタム・新車・中古車販売を18年

の実施工・実経験を通し、痛感している事実でもあります。)

 

 

当社のセミナーは長年の実ビジネスを基にした、

その具現化セミナーを行っておりますが、

 

 

(車は移動できるモノ、

近くの街に同業者様はいませんか?)

 

 

ただの“必需品”では、どんどん規格化・

同じような企業・技術が増え、値下げされます。

 

 

 

そこで、内装リペアもシートやパネルだけでなく、

 

 

24ものセミナーを行っています。

内装リペアの問題となっている耐久性も、

唯一、JIS(日本工業規格)耐久試験を合格した信頼の施工法です。

 

 

 

外装もボディだけでなく18もの施工技術も含め、

他社では提供出来ない多くの技術

(お客様の欲しい)を提供しています。

 

 

そして、

 

 

お客様の個性を演出させる

業界唯一の内装カスタム!

 

 

正に“必欲品”の象徴でもあります。

 

 

 

*詳細は、「Aランク認定セミナー」のアイコンから、

外装美装・内装リペア・内装カスタムの

各“セミナーメニュー”をクリックしてください。 *

 

 

 

先進のカーケア技術、顧客の“欲”の具現化を

あなたの独立開業・新規事業にお役立てください。

 

 

 

お客様の “欲しい”の具現化!

 

 

“必需技術”を、

さらに“必欲技術”に変える技術群!

 

 

 

の実ビジネス・実利益に基づいた、

カービジネスセミナーであると自負しております。

 

 

あなたの大切な新規事業・独立開業です。

あなた自身の目でご確認頂ければ幸いです。

 

 

あなたの無料技術見学、お越しを

心よりお待ちしております。

Comments are closed.