ビジネスには、2つの戦略があります。

Submitted by on 10月 1, 2018

ビジネス戦略には、

大きく分けて2つの戦略があります。

 

 

まず、1つ目の戦略を一言で表すなら

「差別化戦略」です。

スキマ産業という言い方もありますね。

 

 

他の企業が入ってこないくらい

ニッチ市場に特化するのがこの方法です。

 

 

他の企業が出来ない技術・サービスで、

オンリーワンになることにより、

 

 

その地域での利益を独占し、

企業の知名度と技術力をアピールする戦略ですね。

 

 

 

 

もう一つの戦略とは

これは「追随」です。

 

 

非常にわかりやすいところでいうと

ダイソーなどがこれにあてはまります。

 

 

例えば、一昔前まで

スマホの強化ガラスカバーは

家電量販店で買うものでしたが

 

 

今やダイソーで100円で

手に入れることができます。

 

 

このように、ある分野で成功したものを

より安くハイレベルな品質で出す。

 

 

こうすることで

手堅く勝利を収めていくことができます。

 

 

 

実力・技術力・開発力で勝る

企業だから取れる戦略であり、

 

 

「追従の戦略」と

呼ばれています。

 

 

リペア産業は12億円を超える

すでにトレンディな業種となっています。

 

 

カーリペアもすでに必要不可欠な

業種となっています。

 

 

内装リペアが必要不可欠な今!

 

既存内装リペアの耐久性という

デメリットを克服するだけでなく、

 

 

 

かつて内装リペアは、乾拭きか水拭きしか出来ない。

市販のクリーナーさせも使えない程、耐久性が無いと言われていました。

 

 

 

(車内には飲み物も持ち込むことはもちろんですが、

食べたり、衣服に着いた汚れが、シート等に付着するのは当然ですね。

 

水拭きしか出来ない程、

内装リペアは耐久性が無いと言われた時代もありました。)

 

 

 

JIS(日本工業規格)耐久性をクリアするだけでなく、

828kgという国内最高の耐久性を誇り

 

 

 

さらに、

 

 

 

お客様の更なるハイレベルの要求・欲求に応える、

カスタマイズという

 

 

 

実力・技術力・開発力で勝る、力を身に付け、

カービジネスでの手堅く勝利を収めていくことができるのです。

 

 

 

このように、マーケティング理論にも

そのビジネスの戦略において

様々な戦略が必要となっています。

 

 

 

すでにカーケア業は必要不可欠の

職種であります。

 

 

 

あなたもカーケア既存店・既存技術を

知っているかも知れません。

 

 

(内装リペアの問題である耐久性をクリア出来ているか?

是非、あなた自身でご確認して頂ければ幸いです。。)

 

 

 

また、

 

 

 

既存の技術は、

空車のタクシーの後を走っている

タクシーのようなモノです。

 

 

 

新規事業には既存の技術より、

圧倒的な技術がることにより、

 

 

 

すでに確立されている仕事、

すでに成功しているビジネスを

 

 

 

よりハイレベルな品質・技術で

新規事業・独立開業!

 

 

 

という、

 

 

 

実力・技術力・開発力で勝る

企業だから取れる戦略であります。

 

 

 

ぜひ、あなたもビジネスのスケールや強みを

正確に理解し、ぴったりの技術を身に付けることが大切です。

 

 

 

皆様の大切な新規事業・独立開業であります。

あなた自身の目で、先進の技術をご覧くださいませ。

 

 

 

あなたの無料技術見学、

社員一同、心よりお待ちしております。

Comments are closed.