第2波の猛威!今、ビジネスはウイズコロナ&車業界の状況

Submitted by on 8月 1, 2020

新型コロナウイルスの

一日あたりの新たな感染者は、

1500人を超え過去最多となりましたね。

 

 

コロナ第2波は想像以上に大きく、

その猛威は終息がまったく見えない状況です。

 

 

8月になった今でも、
感染は収まらない状況であります。

 

 

今は、

 

 

誰も体験したことがない事態が起こっているので、
どうなるかは誰にも想像できません。

 

 

でも、『どうなる』かはわからなくても、

『どうする』かはわかるはずです。

 

 

 

コロナと共存できる“ウイズコロナ”
コロナ時代に需要に応えるビジネス。

 

 

そして、

 

 

“アフターコロナ”にも
対応したビジネスが重要だと確認しています。

 

 

今だ新型コロナウイルスへの恐怖が
いつまで続くのか不安がぬぐい切れず、

 

 

新型コロナウイルスは3日間滞留し

空気中で3時間生存、
電車もバス移動も感染危険だと言われており、

 

 

個人単位での車での移動が安全だと、
移動手段としての車が見直されており、

カービジネスが発展して参りました。

 

 

無料技術見学にも多くの皆様に

お越し頂き、誠に有難う御座います。

 

 

コロナの時代であります。

無料技術見学・セミナー時には、

 

 

セミナー社屋・ショールーム共に、
次亜塩素酸・空気清浄機で空気除菌し、

 

 

ソーシャルディスタンスを確保させて頂き、
また、飛散防止フィルム越しで、

 

 

無料技術見学・セミナーを行わせて頂きます。
どうぞ安心してお越しくださいませ。

 

 

*コロナの時代であります。
   誠に申し訳ございません。

 1日1組様、先着限定となっております。
 先約がある場合は、ご了承くださいませ。

 

 

 

無料技術見学のご希望の際は、

 

このページ右上の緑色の
“無料見学フォーム”

 

クリックしてくださいませ。

 

 

皆様の無料技術見学、

“人生において、今 何ができることは何か。” に、

社員一同、心よりお待ちしております。

 

 

 

追伸

 

 

車業界のコロナ時代の状況 

        (ヤフーニュース掲載です。) 

 

 

 

■運転免許やクルマがない人は
新型コロナウイルス感染の危険にさらされる!?

 

 

 新型コロナでもっとも危険なのは、公共の交通機関だといわれています。
確かにスーパーマーケットより圧倒的に“密”だし、
海辺や公園と比べたって感染の可能性は大きいことだろう。

 

 

 電車内で会話しなくても咳やクシャミをしたら、
コロナウイルスをまき散らす。

 

 

もっとも安全な移動手段は、説明するまでもなくクルマです。
自分のクルマなら移動中に感染する確率はほぼ無し。

 

 

強いていえば、ガソリンスタンドの給油ノズルくらい
(ガソリンを入れた後に、アルコールなどで手を拭けばいい)。

 

 現在の新型コロナ禍が収束しても、再び流行する可能性あるという。
そんなことから、都市部でもクルマを再評価する動きが出ている。

 

 

■クルマがあればいつでも好きなところへ出かけられる

 

 

 同じく中古車ディーラーも若い世代のお客さんが多くなっている。
いままでもクルマを欲しいと考えていたのだけれど、
買うきっかけを作れなかったようだ。

 

 

新車を買うほどの予算は無いものの、中
古車なら思っていたより安いということらしい。

 

 

■カーシェアからの移行組が続々と

 

 

カーシェアからの移行組が増えました。
(カーシェアリングのクルマは)
いろいろな人が乗るじゃないですか。

 

 

どこの誰が乗っているかも分からない。
車内の消毒とかどうなっているかも分からない。

 

 

やっぱり自分のクルマを持ちたいから……と
買われる方が増えてきましたね。

 

 

 

■コロナ禍で免許や車が欲しい若者が増加!?

 

安全な移動手段として車が注目される訳

さらに若い世代のSNSを見ると、運転免許を持っていない人達まで
「新型コロナが落ち着いたら免許を取りに行こう」といい始めている。

 

 

免許すら無いと、公共の交通機関に頼る以外選択の余地無し。
いままで「クルマが無くても移動に困らない」と主張してきた人まで、
考え方を変え始めてきました。

 

 

自分のクルマを持つと、コストコやイケアも気軽に行ける。
もちろんたくさん買い物したって持って帰るのは楽チン。
夜に出かけたとしても終電を気にしなくていい。

 

 

 何より休日に遊びに行こう思ったら、移動手段を考える必要無し。
それでいて新型コロナの心配をしなくていい。
クルマを買ったら人生の奥行きも変わると変化してきました。

 

 

(モータージャーナリスト 国沢光宏 氏)

 

 

 

地方だけでなく、都会でも

車が見直されるようですね。

 

 

 

そして、アフターコロナ後も

新しい生活様式にならざるをえず、
3密(3つの密)とは、密閉、密集、密接は危険!

 

 

個人単位での車での移動が安全、
アフターコロナにも移動手段は車となって参ります。

 

 

 

 

さらに、アフターコロナ後の
政府の動きですが、

 

 

新型コロナ収束後の観光需要喚起
「Go Toキャンペーン」に約1.7兆円。

 

 

観光需要回復に向けた反転攻勢に備え、地域の観光資源、
観光イベントの磨き上げ、などの支援に158億1000万円など、
1,7兆円もの予算が使われます。

 

 

コロナ後の政府の動きを

見ても、

 

 

政府が「Go Toキャンペーン」に約1.7兆円という
巨額な支援をして、人々が移動するには、

 

 

電車もバス移動も、
飛行機も船も、感染危険だと言われており、

 

 

新しい生活スタイルにならざるをえず、
3密(3つの密)とは、密閉、密集、密接は危険!

 

 

個人単位での車での移動が安全、
アフターコロナにも移動手段は車だと言われています。

 

モータージャーナリスト 国沢光宏 氏の
見解とならざるをえません。

 

 

 

コロナ時代の今、

ビジネスはウイズコロナ。

 

そしてアフターコロナにも

強いカーケアビジネス!

 

 

コロナ時代の今!

皆様の無料技術見学、

社員一同、心よりお待ちしております。

 

Comments are closed.