FavoriteLoading気になるページに追加しましょう

最先端のインテリアリペアを伝授

 

 

あなたの街でも、自動車の外装や機関の修理の業者様は、見かけたことがあると思います。
しかし、内装リペア(インテリアリペア)のショップを、あなたの街で見かけたことがありますか?
あまりないと思います。

年月と共にシート・ハンドル・ダッシュボードや

パネル傷付いたり劣化し、

スレ・色落ち・スレ・シワ・ハゲ・傷を発生させてしまいます。

 

しかし、内装は様々な素材の複合体で形成されているため、

内装リペアは難しいと言われていました。

 

内装リペアは必要とされながら、施工できるお店は少ないのです。

 

当社ではその難しいと言われていた

内装リペアを独自の施工・溶剤技術で可能にいたしました。

現在、車業界ではエコカーが多く販売され、地球環境に良い「今の愛車を乗り続けるのが、

これからのエコ」と言われ、

リペア(修理)ビジネスが12兆円を超えるトレンドビジネスとなっていることは、

皆様もご承知かもしれません。

 

 

内装リペアは競合の少ない、継続的な利益のトレンドビジネスなのです。

 

このような背景から当社は、未経験の方でも確実に独立開業・新規事業できます様、

当社の長年の経験のすべてを伝授するセミナーを開講することとなりました。

 

その難しかった補修技術だけでなく、車内装パーツの特性から営業技術・マーケティング

さらに経営手法までも網羅した、

 

Aランク認定インテリアセミナーを先着限定、若干名に限りセミナーしています。

 

 

 完成された長年の蓄積を網羅したAランク認定セミナーを、

あなたの独立開業・新規事業にお役立てください。

 

 

 

インテリリペアの難題を克服

 

 

インテリアリペアで最も難しいものに

革シートが御座います。

 

柔らかい素材で複雑な曲線形状、さらに多数のシワ・スレ・割れを発生させる

革シートは難しい技術でした。

従来の内装リペアは、

割れやシワ等を異物(パテ成分)を埋めて隠すしかありませんでした。

 

この「異物埋め方式」は複雑形状の柔らかいシートに

多数発生したシワ等を1本ずつ手作業で埋めるため、

長い研修期間と高額なセミナー費用が必要となっています。

また、この「異物埋め」は革と成分と違うため

感触が違う・補修箇所が一目で判る・耐久検査を合格できないなど

リペア箇所が一目で判り、耐久性がない」修理法でした。

 

 

当社は「リペア」ではなく、革同素材で「再生」という技術を開発し、耐久性のない・習得に長い研修期間が必要な「異物埋め」ではなく、多数発生したシワ等を同成分をスプレーする補修法を開発しました。

また、現在ではパンチング(穴あき)

シートが主流となっています。

 

この穴からエアコンが吹き出し、

夏も快適なのです。

 

汗でシャツが背中に張り付くことなんて

ないのです。

このようなシートのシワ・スレ等を異物埋めでリペアしたら・・・。

皆様の想像通りです。 そうです、この大切な機能をダメにしてしまうのです。

 

異物埋め方式ではパンチングのリペアが出来ないのです。

(この無数のパンチング穴を、爪楊枝で突っつくという荒技は論外です。

異物をシート内に残すだけでなく、詰まりを発生させてしまいます。)

 

 

このスプレー方式は30ミクロンという微粒子を表面だけに作用させるため、

このパンチング(穴あき)シートもリペアも一発補修を可能としているのです。

 

 

 

 

 

スプレー方式により、

 

複雑な曲線形成されている多数の不具合を一発補修出来るだけでなく、

同成分で再生させるため、感触視感も損なわれず、張りまでも再生させました。

耐久性においてもJIS(日本工業規格)耐久試験に合格

 

(内装リペア業界唯一)達成させました安心の

「簡単」「確実」「高品質」の施工法であります。

(Aランク認定技術審査 第1位受賞)

 

 

難しい手作業(異物埋め)が無いため、

初心者様にも短期間で確実に施工が可能となりました。

 

 

さらにリペアだけでなく色替え、人気のツートンシート施工も可能、

 

(部分補修も、もちろん可能です。

 ツートンシート施工は一定箇所をだけを確実に施工する、

 部分補修の極みであります。)

 

様々な24項目にも及ぶ技術を、

セミナーメニューにラインナップしています。

 

さらに、様々な内装パーツもリペア!

さらに、様々な内装パーツもリペア!