ホイールリペアはやらないのですか?

Submitted by on 3月 1, 2019

ホイールリペアのセミナーはやらないのですか?

 

先日、お越しの無料技術見学の際に、
ご質問を頂きました。

 

 

 

確かに、多くの運転者が苦手なものは、
”駐車” だと言われています。

 

特に女性運転者は駐車が
苦手だと言われています。

 

最もホイールにガリ傷を発生させていのも、
駐車時であります。

 

また、

 

ボディに、擦り傷・ガリ傷を発生させているのも、
駐車時であります。

 

駐車時に最も多くの擦り傷・ガリ傷を
発生させていることは存じ上げており、
カーケアに必要な技術だと考えております。

 

しかし、 そのため、

 

 

現在の自動車製造メーカーは高度な安全対策を施し、
車体に張り巡らせたセンサーやカメラを
設置しているのが当たり前となってきました。

 

そのため、現在の車はボディやホイールにキズを
駐車時に発生させることが大変少なくなりました。

 

これからの自動車は、
自動運転を前提においた技術発展のために、

 

すでに駐車は自動運転という車種まであり、
今後は、難しい・キズを発生させていた駐車は、
ドラバー自身が運転しない時代となってきます。

 

(すでに、メルセデスは駐車時にドライバーが
同乗すらしない車種を販売しています。)

 

 

自動運転を前提においた技術発展により、
今後の車業界の方向性を見ても、

 

ホイールキズの発生は、現在でも大変減少しており、
やがては無くなっていくと考えられています。

 

(自動運転は来年の東京オリンピックには
実用化され、そのノウハウにより、
駐車時のアクシンデント施工も無くなって参ります。)

 

 

たとえ全ての自動車が、
電気や水素で走る様になっても、
自動車が自動運転になったとしても、

 

必ず自動車にあるモノ。
必ず不具合を発生するモノ。

 

必ずお客様のニーズとなる施工を、
弊社はセミナーラインナップとしています。

 

ビジネスのセミナーとは、
あなたの継続的利益となる施工・技術
でなければなりません。

 

これが当社のポリシーであり、
創業以来、求めてきた技術であります。

 

これからの車業界の動向・方向性から、
そして、受講者様の継続的利益というポリシーから、

 

当社がホイールリペア(デントリペア)セミナー
を行っていない理由なのです。

 

 

当社の内装リペア・内装カスタム・外装セミナーの、
セミナーラインナップには、

 

皆様の継続的利益ために、

 

“4つのS”

 

が必要不可欠である、と考えております。

 

 

その「4つのS」とはこのような
ものになるのです。

 

 

拡張可能であること(scalable)
持続可能であること(sustainable)
販売可能であること(sellable)
成功可能であること(successful)

 

 

逆に、この「4つのS」が、
あなたの継続的利益に必要不可欠だと考えております。

 

 

このようなポリシーを、具現化させたのが、
当社、Aランク認定セミナーなのです。

 

 

あなたの無料技術見学、
社員一同、心よりお待ちしております。

 

是非、楽しみに無料技術見学に
お越しくださいませ。

 

無料技術見学はこちらです。

http://auto-tec-bamboo.com/?page_id=2

(さあ、あなたの出番です。)

 

 

 

Comments are closed.