ビジネスで成功するために  欠かせない2つの要素とは?

ビジネスで成功するために 欠かせない2つの要素とは?     金融庁が公表した、 いわゆる「2000万円不足」問題により、 老後生活への不安は増しているとのニュースが御座いました。   この問題の背景には、 人生100年時代による長寿化があります。     人生が100年になると、 今、サラーリマンの方でも、 定年退職してからも人生が長く続くことになります。     多くの人は稼ぐ手段を失ったまま、 人生ばかりが長くなる時代が まもなくやってくるのです。     人生100年時代に、 “働けるうちは稼ぎ続ける。”     (私自身も脱サラし、 異業種へ飛び込んだ一人であります。)     一生使える技術を身に付ける、 生涯稼ぐことが大切であると言われています。     そこで、     ビジネスで成功するために 欠かせない2つの要素とは?     アメリカ成功哲学の父と呼ばれる オリソン・スウェット・マーデンは こう言っています。     ================== 成功の要素とは その1に「取り掛かる」ことであり、 その2に「やり通す」ことだ。 ==================     どのビジネスも始めのうちは、 自分を信じて、未知の世界に 思い切って飛び込む勇気が必要です。     なぜなら、     自分のビジネスを始める人のなかで、 実際にビジネスを始めるだけの勇気と、     行動力がある人は、 10人中たった1人しかいないからです。     失敗の第一要因は、 「諦めてしまうこと、 怖気づいてしまうこと」     何か新しい事への挑戦を前にすると、 【失敗するかもしれないという恐怖】で 皆、尻込みしてしまうのです。     恐怖で行動できなくなり、 その結果、失敗に頭が支配され、 避けて通れなくなってしまうのです。     「行動する人は全体の10分の1…」     ただ逆に言えば、あなたがもし 直ぐに取り掛かり、継続してしまえば、     それだけでトップ10%に入ることが 出来るということです。     とてもシンプルな成功法則だと 思いませんか?     ですから、 皆様にお伝えしたいのです。     たとえどのような 困難な出来事と対峙しても、     怖気づいてしまいそうになることに 直面しても、     人生100年時代!   とてもシンプルで奥深い、この 「ビジネスの大原則」を忘れないで 頂ければ幸いであります。     …すぐ取り掛かること、  そしてやり通すこと…     行動こそがあなたを成功へ導く 最初の一歩です。     人生100年時代!   一生使える技術を身に付ける、 生涯稼ぐことが大切であります。     わたしたちはあなたの決断を応援します。   http://auto-tec-bamboo.com/?page_id=4655&preview_id=4655&preview_nonce=4345498942&_thumbnail_id=-1&preview=true あなたへの新規事業コンセプトは、こちらです。 (私自身も脱サラし、異業種へ飛び込んだ一人であります。)

ビジネスで成功するために  欠かせない2つの要素とは?

“令和” 新時代のカービジネスとは!?

  いよいよ “令和” 新時代が始まりましたね。 カービジネスも新時代の年でもあります。   現在の車業界ビジネスですが、 大きな変革の“令和” 新時代を迎えました。     1昨年平成30年は、 トヨタは創業以来の最高利益を記録し、 さらに、その最高利益を昨年も更新し、     更に、ホンダもマツダも 創業以来の最高利益を記録しました。     (日産はゴーン氏のゴタゴタがありますが、 「ノート」が、昨年の新車販売台数で、 軽自動車以外の登録車として首位となり、 日産車が首位になるのは初めてとなりました。)     自動運転車の開発競争の過熱や EV(電気自動車)の台頭などにより、 パラダイムシフトが起きており、     この車業界のこの好景気は、 来年の東京オリンピックに向け、     さらに大阪万博の2025年と、 車業界は安定成長する言われ、     令和元年も、その勢いを継続し、 さらに伸びを加速すると車業界は言われています。     日本の消費者の好みに合わせた商品展開が功を奏し、 「日本カー・オブ・ザ・イヤー」も   1位ボルボ・3位にもワーゲンなど輸入車が獲得され、 富裕層による高級車販売を増大させた年ですね。     (当社は新車・中古車販売も行っていますが、 こんなに外車や高級車が売れた年は過去になく、   街を見ても、“やけに外車が多いなあ。” “レクサスのLのマーク、よく見るねー。”   と皆様も感じているかもしれませんね。)         車が自動運転車の開発競争の過熱やEV(電気自動車)など、 に走行に関する技術はシフトしても、   内外装は同様の素材で変化していないため、   リペア(修理)ビジネスが12兆を超える トレンドとなっていることを、   また、カーリペアには多くの施工・利益となっていることを 皆様もご承知かもしれません。       また、製造メーカーの開発が 自動運転車の開発競争やEVにシフトのために、   内装がチープ(安価で貧相な内装状態)となり、 内装カスタムは継続的な、大きな利益のビジネスとなっています。     特に経済性が“売り”となっている軽自動車は、 そのチープさが際立っていますね。     弊社では、業界唯一の 内装カスタマイズもセミナーラインナップさせて頂いております。       また、一方、     自動車は、単なる移動の手段ではなく、 高級車や外車販売の伸びからも、   より快適な移動を兼ね備えた趣味性の高い、 客層にも特化した、   高級車の代名詞である、 ウッド&レザーセミナーもラインナップしております。       これらのお客様のニーズの2分化の必要性から、 “カスタマイズ&ケア”は必需技術となり、   弊社はリペア(補修)だけでなく、 特に、“業界唯一の内装カスタム”は、   施工店様が地域でオンリーワンとなり、 ナンバーワン技術で利益の柱となっています。     また、日本国内でのカーリペア施工・開業に必要な JIS(日本工業規格取得)認定セミナーであります。     また、令和時代の自動車は高度な安全対策を施し、 車体外装の周りに張り巡らした、   高感度のセンサー・カメラを配置し、 事故を未然に防止できるお車へと変わってみました。     自動運転を前提においた技術発展により、 走行中は基より、   張り巡らせたセンサーやカメラにより、 ボディやホイールにキズを 発生させることが少なくって参りました。   (弊社がホイールリペアをセミナーしていないのは、 このような理由からであります。)       すでに駐車は自動運転という車種まであり、 今後は難しい・キズを発生させたいた駐車は、 ドラバー自身が運転しないのが当然となってきます。     (すでに、メルセデスは駐車時にドライバーが 同乗すらしない車種を販売しています。)       しかし、外装は絶えず風雨にさらされ、 最も劣化するパーツであります。   自動車が自動運転・水素・電気で走っても、 変わらない外装素材に特化した、 外装美装セミナーにもラインナップさせております。     弊社におきましては、 さらなる“特許”を取得し、 さらにパワーアップし、     新規事業・独立開業の   あなたの “あるべき姿” “なりたい姿”   に向け、     365日体制で強力に、 バックアップさせて頂いております。     本年もセミナーとは、あなたのビジネスへの “理論的な近道”でなければならない。     という、代理店様第一主義に基づき、 令和時代も猪突猛進して参ります。     (長文となってしまい、申し訳ございませんでした。 “起業は、観戦ではない。参戦である。” と考えております。   弊社はセミナー受講後も、 365日体制で強力に、 社員一同、バックアップさせて頂きます。)       いよいよ “令和” 新時代。 カービジネスも新時代が始まりました!     ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 人々が美しく心を寄せ合う中で、 文化が生まれ育つ。 梅の花のように、 日本人が明日への希望を 咲かせる国でありますように。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー これが令和に込めた思いとの事です。     あなた自身の目で、 新時代のカービジネスをご覧ください。     あなたらしく咲き誇ることが,  ...

“令和” 新時代のカービジネスとは!?

セミナーをお断りをした皆様、誠に申し訳ございません。

セミナー・無料技術見学を お断りをした皆様、 誠に申し訳御座いませんでした。     当社のAランク認定セミナーには、 すでに地域独占権利の受講者様の、 受講不可能なエリアがございます。     当社、Aランク認定セミナーを長年行い、 多くの皆様に受講頂いているため、 どうしてもダブってしまう地域がございます。       せっかく、ご連絡を頂いたのに・・・。 「あっ・・・、 そうだったのですか・・・。」  の悲しいお声。       「その地域が空いたら、連絡を頂けますか?」 「誠に申し訳ございません。 連絡は出来ないと思います。」     受講者の皆様が、継続的にビジネスをされているため、 後日、「この地域が空きましたが、どうですか?」     という連絡をしたことが、一度も無いのです。       連絡を頂いた方々に、どんなお詫びをすればいいのか? 重ね、重ね、本当に申し訳ございません。       ご希望の方は、 お早目に連絡を頂ければうれしいです。     しかし、同地域の場合は、やむをえなくお断りする場合があります。 地域独占権利は受講日の順で、限定1地域1名(社)のみとなります。     その場合は、何卒、何卒、お許しを頂ければ幸いであります。     無料技術見学のご希望の 日程をお知らせ頂ければ、 予約先着順に随時行っております。   (〇〇県△△市、で構いませんので、 無料技術見学の申し込みの際に お知らせ頂ければ幸いです。)     重ねて、セミナー・無料技術見学を お断りをした皆様、 誠に申し訳御座いませんでした。     早めに無料技術見学に お越し頂ければ嬉しいです。    

セミナーをお断りをした皆様、誠に申し訳ございません。

ホイールリペアはやらないのですか?

ホイールリペアのセミナーはやらないのですか?   先日、お越しの無料技術見学の際に、 ご質問を頂きました。       確かに、多くの運転者が苦手なものは、 ”駐車” だと言われています。   特に女性運転者は駐車が 苦手だと言われています。   最もホイールにガリ傷を発生させていのも、 駐車時であります。   また、   ボディに、擦り傷・ガリ傷を発生させているのも、 駐車時であります。   駐車時に最も多くの擦り傷・ガリ傷を 発生させていることは存じ上げており、 カーケアに必要な技術だと考えております。   しかし、 そのため、     現在の自動車製造メーカーは高度な安全対策を施し、 車体に張り巡らせたセンサーやカメラを 設置しているのが当たり前となってきました。   そのため、現在の車はボディやホイールにキズを 駐車時に発生させることが大変少なくなりました。   これからの自動車は、 自動運転を前提においた技術発展のために、   すでに駐車は自動運転という車種まであり、 今後は、難しい・キズを発生させていた駐車は、 ドラバー自身が運転しない時代となってきます。   (すでに、メルセデスは駐車時にドライバーが 同乗すらしない車種を販売しています。)     自動運転を前提においた技術発展により、 今後の車業界の方向性を見ても、   ホイールキズの発生は、現在でも大変減少しており、 やがては無くなっていくと考えられています。   (自動運転は来年の東京オリンピックには 実用化され、そのノウハウにより、 駐車時のアクシンデント施工も無くなって参ります。)     たとえ全ての自動車が、 電気や水素で走る様になっても、 自動車が自動運転になったとしても、   必ず自動車にあるモノ。 必ず不具合を発生するモノ。   必ずお客様のニーズとなる施工を、 弊社はセミナーラインナップとしています。   ビジネスのセミナーとは、 あなたの継続的利益となる施工・技術 でなければなりません。   これが当社のポリシーであり、 創業以来、求めてきた技術であります。   これからの車業界の動向・方向性から、 そして、受講者様の継続的利益というポリシーから、   当社がホイールリペア(デントリペア)セミナー を行っていない理由なのです。     当社の内装リペア・内装カスタム・外装セミナーの、 セミナーラインナップには、   皆様の継続的利益ために、   “4つのS”   が必要不可欠である、と考えております。     その「4つのS」とはこのような ものになるのです。     拡張可能であること(scalable) 持続可能であること(sustainable) 販売可能であること(sellable) 成功可能であること(successful)     逆に、この「4つのS」が、 あなたの継続的利益に必要不可欠だと考えております。     このようなポリシーを、具現化させたのが、 当社、Aランク認定セミナーなのです。     あなたの無料技術見学、 社員一同、心よりお待ちしております。   是非、楽しみに無料技術見学に お越しくださいませ。   無料技術見学はこちらです。 http://auto-tec-bamboo.com/?page_id=2 (さあ、あなたの出番です。)      

ホイールリペアはやらないのですか?

成功の秘訣は「専門分野」で勝負すること

成功の秘訣は「専門分野」で勝負すること     あなたがかービジネスで成功するための 最重要であり最優先の決断は、     「適切なオンリーワンを選択すること」 だと思います。     オンリーワンになるという事は 特定の分野の専門家になる といったことになるのですが、     既存やすでに近郊にある技術では、 差別化が難しく、     あなたのショップに顧客を集中させる ことが出来ないため、 限られたお客様が分散してしまいます。     特定分野の専門家になるのは メリットがあるのです。     そのメリットとは、     “継続的利益”です、       マーケティング専門家などは、   「常に特定分野にマーケットを絞り込め!」   と強くアドバイスしています。     「継続的利益を望むなら、分野を絞り込め! 失敗したければ既存技術でビジネスをしろ!」     こんな格言もあるくらいです。     自分が絞り込む技術を 決めたなら まずはその市場の問題点を突き止める。     そして、その問題に対する 適切な解決策を探し出す。     そして、あなたに利益集中させる 解決策・技術をお客様に提示する。     簡単に言えば、これが新規事業での ビジネスのやり方だと言えるでしょう。     例えば、     内装リペアで問題となっているものに、 耐久性があります。       確かに、内装リペアは、乾拭きか水拭きしか出来ない。 市販のクリーナーさせも使えない程、耐久性が無いと言われていました。       (車内には飲み物も持ち込むことはもちろんですが、 食べたり、衣服に着いた汚れが、シート等に付着するのは当然ですね。   水拭きしか出来ない程、 内装リペアは耐久性が無いと言われた時代もありました。)     そこで当社の内装リペアは、   シート切れやダッシュボード・モケット・タバコ穴・パネルリペアの 一般的な内装リペアだけでなく、   さらに、     JIS(日本工業規格)耐久性をクリアするだけでなく、 828kgという国内最高の耐久性を誇ります。     たとえ耐久試験を検査していない 内装リペアがあるかもしれません。     開発者の間では、 数字は嘘をつかない。だけど人間は嘘をつく。 と、言われています。     確かな品質と     あなたの手にした技術が 重なり合った領域が、     自分が特化する、 “あなたのショップでなければ”という 専門分野になるのです。       さらに、現在の車業界を見ると、         国産車だけでなく全世界の車製造メーカーは、 ここ数年はエコカー・燃費競争に技術と資金を投入し、     現在は、AIと自動運転に、すべての英知とすべての開発力と なっていることをご存じでしょうか?     そんな車業界の中、 しわ寄せとなっているのが内装となっています。     「なんか最近内装がチープだよね。」 「高級車なのに内装が画一的になったね。」 「高い外車もプラスチックに木目のシールだね。」     お気づきになっている方々も多いと思います。 (プロの皆様には周知でありますが・・。)       小さな変化に気づけるひとが、大きな変化をつくれる。     未来はどう『なる』ではなく、 どう『する』で考えるべき。       「既存ではなく、可能性って、 探そうとする人に見えてくるんだ。」と、       横並びの技術を、技術と感じられない時代に、   私たちができること。       あなたの継続的(オンリーワン)利益の具現化が   ”内装カスタム” なのです。       お客様の更なるハイレベルの要求・欲求に応える、 カスタマイズという       実力・技術力・開発力で勝る、 力を身に付けることが 初心者様にも身に付けることが出来ます。     既存の施工・ビジネスは、 カービジネス初心者様にも、     内装カスタムとは、 特定分野にマーケットを絞り込む。     アイデアは実現されて イノベーションとなります     既存の技術だけでは、     空車のタクシーの後を走る タクシーのようなものです。         アリストテレスもビジネス選びについて こんなアドバイスをしているのですが、     既存の技術ではなく、     「世間が必要としているものと あなたの技術が交わっているところ そこにこそ天職がある。」     あなたが自分の情熱を注げる 新規事業を見つけたとき、     その時が、あなたの成功の 始まりになると思います。     お客様の愛車のため、受講者様のビジネスのため、 変わらないもののために、変わりつづけている、 先進のカーケア技術を、あなた自身の目でご確認ください。     未来は今。 今との向き合い方で未来は変わります。     見る夢は叶わず  追う夢は叶います。     カービジネス初心者様にも、 あなたの無料技術見学、心よりお待ちしております。     http://auto-tec-bamboo.com/?page_id=2 (無料技術見学の予約はこちらです。)    

成功の秘訣は「専門分野」で勝負すること

「シート切れのリペアは可能ですか?」

「シート切れのリペアは可能ですか?」     無料技術見学の方にお話しを頂きました。 もちろん、シートの切れリペアは可能であります。     しかし、当初の切れリペア施工法は、     従来の切れリペアと違い、 切れ個所を、当て布後パテ埋め塗装するだけでなく、     皮革の再生剤をスプレーすることにより、 手作業によるムラも無くし、 本来の滑らかな表面曲線までもリペア再生させる施工法であります。     (手作業では長期の講習・習熟・経験が必要となるだけでなく、 仕上がり品質にムラが発生してしまいますね。)     また、     内装リペアは、 シートやダッシュボード・モケット・タバコ穴・パネルリペアの 一般的な内装リペアだけでなく、     内装のカスタマイズ (内装パーツの木目やラメ)までも、 パネル類やシートにまでもセミナーラインナップ。       先進の技術、当社の内装リペアの詳細は、こちらです。   http://auto-tec-bamboo.com/?page_id=3821     皆様の新規事業・独立開業の技術・施工のために、 ホームページのページ数も多くなり、 解りにくく、誠に申し訳御座いません。     無料技術見学では皆様のお立場に寄り添い、 カーケア初心者様にも、プロの皆様にも、 解りやすい説明をさせて頂いております。     無料技術見学、楽しみにお越しくださいませ。      

「シート切れのリペアは可能ですか?」

これがホンモノの“特許証“です。

これが本物の“特許証“です。     好評を頂いております、“ニーレスト”が特許庁より、 世界初の有効性の高い、発明・開発と認められ、 特許となりました。     (なかなか本物をご覧になる機会は少ないと思います。 画像が本物の “特許証” です。)     当社は、     社団法人 長野県企業センターからAランク企業の認定を頂き、 特許や実用新案を保持しており、 JIS(日本工業規格)耐久試験を合格も取得し、     まじめに まっすぐ コツコツと毎日と十余年、 このような絶え間ない努力の賜物であります。     好評を頂いております、 内装リペア・内装カスタム・外装セミナーも、     受講者様のため、フォローも365日、 毎日でもバックアップさせて頂いております。 これからも、 まじめに まっすぐ、 絶え間ない努力を続け、     新規事業・独立開業の皆様のための、 カーケア業界、先進技術の誠心誠意のセミナー, セミナー後も365日体制でフォローを行って参ります。     まじめに まっすぐ コツコツ の最先端カーケア、 その先進技術をあなたの目でご確認くださいませ。   皆様の無料技術見学、心よりお待ちしております。   http://auto-tec-bamboo.com/?page_id=2 無料技術見学の予約はこちらから   (ご好評頂き、4月は全日に渡り予約が御座います。 是非、5月での皆様の無料技術見学、心よりお待ちしております。)

これがホンモノの“特許証“です。

東京地検から起訴された「TS(トータルサービス)日本」と、当社は無関係の企業です。

  東京地検から起訴された「TS(トータルサービス)日本」と、 当社は無関係の企業です。     「先日、捕まった、“TS(トータルサービス)日本”(トータルリペア)と 関係がある企業ですか?」     と、聞かれることが御座いました。     (ネット検索してみると、 確かに、 11月10日に東京地検特捜部に、 TS日本の企業自身と前社長が起訴されていました。)       当社は、「TS(トータルサービス)日本」のトータルリペアと、 一切関係のない企業であります。       当社は、     社団法人 長野県企業センターからAランク企業の認定を頂き、 特許や実用新案を保持しており、 JIS(日本工業規格)耐久試験を合格も取得し、     まじめに まっすぐ 十余年、 新規事業・独立開業の皆様に、 誠心誠意のセミナーを行っております。     当社は、「TS(トータルサービス)日本」のトータルリペアと、 一切関係のない企業であります。     どうぞ、安心して 無料技術見学・セミナーにお越しくださいませ。      

東京地検から起訴された「TS(トータルサービス)日本」と、当社は無関係の企業です。

オートバンブー加盟店では検索してもでてきませんが、 何か理由があるのでしょうか?

オートバンブー加盟店では検索してもでてきませんが、 何か理由があるのでしょうか? また、自分が始める時は加盟店と出さないといけませんか?     昨日の無料技術見学の方から、ご質問を頂きました。     本当にいい質問、有難う御座います。   (隣町出身の松本市の池上彰さんではありませんが、 「いい質問ですねー!」 有難う御座います。)     答えは簡単であります。   継続利益ビジネスの “主役は代理店様”   だからです。         FC本部の社名などを屋号とするチェーン形態とは、   “同一のマーク(ロゴ・商標)やイメージ、  そして同じ品揃え・同じ技術でチェーン経営する形態“   と要約されています。     何らかのFCに加盟店を訪れ、 そのサービスや技術に関心を持った時、     そのFC名が容易に判る場合は、 新規出店者も容易に増やすことが出来ます。     FC本部は、容易に短期的に規模を拡大させることが出来ます。       しかし・・・、   屋号によりFC本部は、容易に短期的に規模を拡大させることが出来る・・・!?     加盟したお店の立場になってください。       頑張れば、頑張るほど、ライバル店が増える。 儲ければ、儲けるほど、新規店を誘導し、   同じ品揃え・同じ技術のチェーン同士で、 顧客の奪い合いが起きてしまいます。     自動車は移動が容易であります。   カーリペアやカーケア施行という   (自動車は千円のガソリン代で、120km以上も移動が可能ですねー。)   ビジネスの場合は・・・、     加盟したお店にとって、   “同一のマーク(ロゴ・商標)やイメージ、  そして同じ品揃え・同じ技術でチェーン経営する形態“   は、 “デメリットにしかならない” のです。     一方・・・・、       このような チェーン形態の機能する条件 として、   “一般顧客がその屋号・ロゴ・商標で、  そのお店のサービスや技術の認知度が高いこと。“   と、されています。       例えば、セブンイレブンのロゴを見れば、 どのような商品・サービス・24時間営業など、 誰でも認知していると思います。     車業界で言えば、トヨタと聞いただけで車販売、 カーコンビニと言えば板金塗装、 シェルはロゴだけで燃料販売と、誰もが知ってますね。     指定の屋号のチェーンに加盟する場合は、   “一般顧客が その屋号・ロゴ・商標で、  そのお店のサービスや技術の認知度が高いこと。“     であります。     屋号指定は、FC本部の宣伝メリット にはなっても、 実施工・実ビジネスをを行う 代理店様(あなた)にはメリットが無い のです。       情報があふれている現代において、 移動が容易な自動車の施工   カーリペア・カーケアの屋号指定、 同じ品揃え・同じ技術のチェーン加盟とは、     “〇〇店は安かった。”という、お話だけで、 同じチェーン店同士での価格競争が激化し、 加盟店様の薄利化と激務化を進行させているのです。     (牛丼の「すき家」の激務や、コンビニの淘汰の ニュースはご存じかもしれません。 屋号指定のチェーン店の利益が少なく、 激務化しているのは、このためなのです。)       あなたは、ご自身の施行や技術が、 誰でも簡単に、どこのチェーン店か、     すぐに判ることをビジネスにしたいですか?   その本部の屋号を、あなたの社名にしたいですか?   同チェーンでお客様の取り合いをしたいですか?   施行の安価戦争に参戦したいですか?         増して、     移動な容易な自動車という カーリペア・カーケアビジネスは、   代理店様の継続利益の確保のため、 屋号表記は、絶対にやってはならない   ことだと、当社は考えています。     ホームページにも記載して御座いますが、   “受講者様の365日毎日のフォローを最優先しております。  充実したフォローがセミナー数の限界となります。“     そのため、   当社はご存じの通り、 大規模な宣伝や営業をしていません。     当社は、本部の宣伝メリットしかない、 屋号を社名にする必要はありません。   本部は、“脇役”、  継続利益ビジネスの “主役は代理店様”   なのです。   知名度だけが一流の会社より、 知名度だけが二流の会社でいたい。     このような当社の考えは、 下記のページを見て頂ければ嬉しいです。   米山から一言          

オートバンブー加盟店では検索してもでてきませんが、 何か理由があるのでしょうか?

1 2