今、ビジネスはウイズコロナ&車業界のコロナ時代の状況

東京都では新型コロナウイルス感染者数の 1週間平均は50人を上回り、     東京都が休業を再要請する 基準と用いていた指標の数値を超えて、     5月の緊急事態宣言解除後宣言 が解除された以降、     全国の1日あたりの 新規感染者数は20~89人で推移し、 福岡県、北海道、神奈川県も100人を上回り     7月になった今でも、 感染は収まらない状況であります。     今は、     誰も体験したことがない事態が起こっているので、 どうなるかは誰にも想像できません。     でも、『どうなる』かはわからなくても、 『どうする』かはわかるはずです。       コロナと共存できる“ウイズコロナ” コロナ時代に需要に応えるビジネス。     そして、     “アフターコロナ”にも 対応したビジネスが重要だと確認しています。     今だ新型コロナウイルスへの恐怖が いつまで続くのか不安がぬぐい切れず、     新型コロナウイルスは3日間滞留し 空気中で3時間生存、 電車もバス移動も感染危険だと言われており、     個人単位での車での移動が安全だと、 移動手段としての車が見直されており、 カービジネスが発展して参りました。     無料技術見学にも多くの皆様に お越し頂き、誠に有難う御座います。     コロナの時代であります。 無料技術見学・セミナー時には、     セミナー社屋・ショールーム共に、 次亜塩素酸・空気清浄機で空気除菌し、     ソーシャルディスタンスを確保させて頂き、 また、飛散防止フィルム越しで、     無料技術見学・セミナーを行わせて頂きます。 どうぞ安心してお越しくださいませ。     *コロナの時代であります。   ...

今、ビジネスはウイズコロナ&車業界のコロナ時代の状況

電車・バス移動も感染危険! 今こそカービジネス。

    今、メディアでは、 コロナウイルスのニュースで溢れて いますが、     ただ、大切なことは そのような中で     “人生において、今 何ができることは何か。”     を常に追求していくことではないでしょうか?     ・危機に振り回されるか ・危機をいかにチャンスに変えるか     こうした判断が ますます問われる時代になってきている のだと思います。     新型コロナウイルスへの恐怖が いつまで続くのか不安がぬぐい切れず、     新型コロナウイルスは3日間滞留し空気中で3時間生存、 電車もバス移動も感染危険だと言われており、       そのため、   個人単位での車での移動が安全だと、 移動手段としての車が見直されております。     今こそ、カービジネス! の時代となって参りました。     (弊社、車両販売・カーケア共に、 創業20年以来の最高施工数となっております。。)         しかし、新車は、     コロナによる海外からの 部品調達の難しさから、     新車の製造が思うように 出来ず、     そのため、 中古車の重要が高って いるのが現状であります。     中古車は様々な劣化や不具合があり、 カーケア・カーリペアの必要性から、 多くの仕事が増えています。       そんな日本で、リペア(修理)ビジネスが 12兆を超えるトレンドとなっていることを、     また、カーリペアは 多くの施工・利益となっていることを 皆様もご承知かもしれません。       弊社の技術コンセプトは、     より多くの技術・施工を取得、 より多くのお客様・利益の確保のための、 他社にない豊富な技術群であります。     “一生稼げる技術を、身に付けたい。” という、     皆様の 大切な新規事業であります。     “未来は今。  今との向き合い方で未来は変ります。”     弊社は内装リペア(補修)だけでなく、 “化学反応による外装美装”、     車製造メーカーは自動運転にシフトし、 内装がチープ(安価で貧相な内装状態)となり、     さらに内装カスタムは継続的な、 大きな利益のビジネスとなっています。     “業界唯一の内装カスタム”は、 国内弊社のみが技術セミナーを行っており、     皆様のオンリーワン・ ナンバーワン利益技術で 利益の柱となっています。   また、日本国内でのカーリペア施工・開業に必要な JIS(日本工業規格取得)認定セミナーであります。       「人生100年時代」の今!   「一生稼げる技術を、身に付けたい。」 「最先端の技術を、一度、見てみようか。」 「この技術・仕事を、自分の目で確認したい!」     と、是非、お気軽に無料見学にお越し下さい。 (無料技術見学の予約はこちらです。 無料技術見学   是非、無料技術見学にお越し頂き、 先進のカーケア技術をご覧くださいませ。     コロナウイルスによる、 車移動に移行されている今、     弊社の先進の技術が、 2020年輝くの独立開業・新規事業に、 貢献できると自負しております。       “仕事を選ぶこと。 それは、生き方を選ぶこと。”   だと言われています。     皆様の無料技術見学、 社員一同、心よりお待ちしております。     “未来”を変える。       “今”のわたしの選択。     その他、どんなことでも、 お気軽にお問い合わせ下さいませ。     弊社の御座います塩尻市では、 コロナの発生は0人でありますが、   セミナー社屋・ショールーム共に、 次亜塩素酸・空気清浄機で空気除菌しております。   2mのソーシャルディスタンスを確保させて頂き、 また、お互いにマスク着用にて 無料技術見学・セミナーを行わせて頂きます。 どうぞ安心してお越しくださいませ。     遠慮なくこのメルアドに、 auto.tec.bamboo@snow.plala.or.jp お問い合わせくださいませ。      

電車・バス移動も感染危険! 今こそカービジネス。

塗装をしたら、ドライヤーで乾かすのですか?

塗装をしたら、ドライヤーで乾かすのですか?     「塗装をしたら、その都度、 ドライヤーで乾かすのですか?     1回吹き付けのそのたびに、 毎回となり乾燥時間が長く、 実施工はメンドウですね。」     先日、無料技術見学の際に ご質問を頂きました。     「塗装作業において、 ドライヤー乾燥は、 通常は行わないことです。     その理由、 ドライヤー乾燥とは、     塗装後の乾かない(濡れている)時に、 周りのゴミや埃を吸い込み、 付着させることとなり、     塗装面にゴミや埃の凹凸を形成させ、 滑らかな仕上がりとならない為です。」     (ゴミや埃だけでなく、 様々な浮遊物のある、 特に出張施工では、 乾いていない塗装面への ドライヤー送風は考えられません。)       お車のハンドルやシートの表面に ザラツキがあったら、おかしいですよね。       このような理由から、       当社の塗装はドライヤーの 乾燥を必要としない塗装方法を 開発し、その施工法となっています。       当社の施工法は、 乾燥インターバル時間が必要ない塗装法       ですので、 施工時間が短く、     塗装する度に、 ドライヤー乾燥をする施工と比べて、     1/6の施工時間という 短時間で施工を可能としました。       施工時間の短縮だけでなく、 ドライヤーの風による、 周りのゴミや埃を付着させず、       なめらかな高品質の仕上がり       が、お客様に選ばれ、 喜んで頂いております。       お車は高額で、お客様大切な、 お車を施工しているのです。       あなたの愛車が、 内装リペアを行ったら、       ダッシュボードやハンドルやシートなどが、 ザラザラや凹凸となっていたら・・・?       皆様もご理解頂けたと思います。       皆様の継続的なビジネス・利益には 様々な技術ラインナップ、     皆様が安心して開業・施工をして頂く、 セミナー企業としてのコンプライアンス、 信頼のJIS耐久性検査もその1つなのです。       なぜならば、       剥げてしまうのは、あなたの信頼なのです!       当社は代理店の皆様の安心と信頼、 責任哲学を貫いて参ります。     JISも認めた信頼性が、 皆様の施工・継続的な利益に、 お役立出来ることが当社の喜びであるのです。       あなたの無料技術見学、 社員一同、心よりお待ちしております。 http://auto-tec-bamboo.com/?page_id=2 さあ、あなたの出番です!

塗装をしたら、ドライヤーで乾かすのですか?

“好きな車で独立開業!” 大人は、起きているときに夢を見る。

“好きな車で独立開業!” 大人は、起きているときに夢を見る。   筑波サーキットで、 “開発魂”に火が着きました!     先日、筑波サーキット開催の メディア対抗4時間耐久レースにご招待を頂き、 行ってきました。     自動車は、 単なる移動の道具ではありませんね。     今年、令和元年は豪華な(高額な)レクサスが 2019年前年同期比は10%増となり、 快適さ優雅を求めるユーザーが増えていますね。     その一方、     モータースポーツに代表させる、 スポーティーで運転の楽しさを 求めるユーザー様もいます。     正に、筑波サーキットは そのようなお客様で大盛況でした。     (と、言っている私も、   スーパーカーブームの子供であり、 その当時から“車が憧れ”の少年でした。   “好きな車で独立!”と開業して20年。 原点に返ることが出来ました。)       大盛況の多くのレースファンを集める中、 そんな私をご招待、また格別な配慮を頂き、     モータージャーナリストの皆様・ レーサーの皆様、レース関係者の皆様、   弊社への多大なるご配慮に感謝致します。       カービジネスで、 新規事業や独立開業を目指している方々にも、   車関係者の皆様にも大きな評価を頂いた、 先進の技術力のカービジネス、     今後も、 “誠心誠意の開発魂で邁進“ して参ります。         加藤哲也 さま 『CAR...

“好きな車で独立開業!” 大人は、起きているときに夢を見る。

セミナーをお断りをした皆様、誠に申し訳ございません。

セミナー・無料技術見学を お断りをした皆様、 誠に申し訳御座いませんでした。     当社のAランク認定セミナーには、 すでに地域独占権利の受講者様の、 受講不可能なエリアがございます。     当社、Aランク認定セミナーを長年行い、 多くの皆様に受講頂いているため、 どうしてもダブってしまう地域がございます。       せっかく、ご連絡を頂いたのに・・・。 「あっ・・・、 そうだったのですか・・・。」  の悲しいお声。       「その地域が空いたら、連絡を頂けますか?」 「誠に申し訳ございません。 連絡は出来ないと思います。」     受講者の皆様が、継続的にビジネスをされているため、 後日、「この地域が空きましたが、どうですか?」     という連絡をしたことが、一度も無いのです。       連絡を頂いた方々に、どんなお詫びをすればいいのか? 重ね、重ね、本当に申し訳ございません。       ご希望の方は、 お早目に連絡を頂ければうれしいです。     しかし、同地域の場合は、やむをえなくお断りする場合があります。 地域独占権利は受講日の順で、限定1地域1名(社)のみとなります。     その場合は、何卒、何卒、お許しを頂ければ幸いであります。     無料技術見学のご希望の 日程をお知らせ頂ければ、 予約先着順に随時行っております。   (〇〇県△△市、で構いませんので、 無料技術見学の申し込みの際に お知らせ頂ければ幸いです。)     重ねて、セミナー・無料技術見学を お断りをした皆様、 誠に申し訳御座いませんでした。     早めに無料技術見学に お越し頂ければ嬉しいです。    

セミナーをお断りをした皆様、誠に申し訳ございません。

ホイールリペア・デントリペアはやらないのですか?

ホイールリペアのセミナーはやらないのですか?   先日、お越しの無料技術見学の際に、 ご質問を頂きました。         確かに、多くの運転者が苦手なものは、 ”駐車” だと言われています。     特に女性運転者は駐車が 苦手だと言われています。     最もホイールにガリ傷を発生させていのも、 駐車時であります。     また、     ボディに、擦り傷・ガリ傷を発生させているのも、 駐車時であります。     駐車時に最も多くの擦り傷・ガリ傷を 発生させていることは存じ上げており、 カーケアに必要な技術だと考えております。     しかし、 そのため、       現在の自動車製造メーカーは高度な安全対策を施し、 車体に張り巡らせたセンサーやカメラを 設置しているのが当たり前となってきました。     そのため、現在の車はボディやホイールにキズを 駐車時に発生させることが大変少なくなりました。     これからの自動車は、 自動運転を前提においた技術発展のために、     すでに駐車は自動運転という車種まであり、 今後は、難しい・キズを発生させていた駐車は、 ドラバー自身が運転しない時代となってきます。     (すでに、メルセデスは駐車時にドライバーが 同乗すらしない車種を販売しています。)       自動運転を前提においた技術発展により、 今後の車業界の方向性を見ても、     ホイールやボディキズの発生は、現在でも大変減少しており、 やがては無くなっていくと考えられています。     (自動運転は来年の東京オリンピックには 実用化され、そのノウハウにより、 駐車時のアクシンデント施工も無くなって参ります。)       たとえ全ての自動車が、 電気や水素で走る様になっても、 自動車が自動運転になったとしても、     必ず自動車にあるモノ。 必ず不具合を発生するモノ。       必ずお客様のニーズとなる施工を、 弊社はセミナーラインナップとしています。     ビジネスのセミナーとは、 あなたの継続的利益となる施工・技術 でなければなりません。     これが当社のポリシーであり、 創業以来、求めてきた技術であります。     これからの車業界の動向・方向性から、 そして、受講者様の継続的利益というポリシーから、     当社がホイールリペア・デントリペアのセミナー を行っていない理由なのです。       当社の内装リペア・内装カスタム・外装セミナーの、 セミナーラインナップには、     皆様の継続的利益ために、   “4つのS”   が必要不可欠である、と考えております。       その「4つのS」とはこのような ものになるのです。       拡張可能であること(scalable) 持続可能であること(sustainable) 販売可能であること(sellable) 成功可能であること(successful)       逆に、この「4つのS」が、 あなたの継続的利益に必要不可欠だと考えております。     このようなポリシーを、具現化させたのが、 当社、Aランク認定セミナーなのです。       あなたの無料技術見学、 社員一同、心よりお待ちしております。     是非、楽しみに無料技術見学に お越しくださいませ。     無料技術見学はこちらです。 http://auto-tec-bamboo.com/?page_id=2 (さあ、あなたの出番です。)      

ホイールリペア・デントリペアはやらないのですか?

「シート切れのリペアは可能ですか?」

「シート切れのリペアは可能ですか?」     無料技術見学の方にお話しを頂きました。 もちろん、シートの切れリペアは可能であります。     しかし、当初の切れリペア施工法は、     従来の切れリペアと違い、 切れ個所を、当て布後パテ埋め塗装するだけでなく、     皮革の再生剤をスプレーすることにより、 手作業によるムラも無くし、 本来の滑らかな表面曲線までもリペア再生させる施工法であります。     (手作業では長期の講習・習熟・経験が必要となるだけでなく、 仕上がり品質にムラが発生してしまいますね。)     また、     内装リペアは、 シートやダッシュボード・モケット・タバコ穴・パネルリペアの 一般的な内装リペアだけでなく、     内装のカスタマイズ (内装パーツの木目やラメ)までも、 パネル類やシートにまでもセミナーラインナップ。       先進の技術、当社の内装リペアの詳細は、こちらです。   http://auto-tec-bamboo.com/?page_id=3821     皆様の新規事業・独立開業の技術・施工のために、 ホームページのページ数も多くなり、 解りにくく、誠に申し訳御座いません。     無料技術見学では皆様のお立場に寄り添い、 カーケア初心者様にも、プロの皆様にも、 解りやすい説明をさせて頂いております。     無料技術見学、楽しみにお越しくださいませ。      

「シート切れのリペアは可能ですか?」

これがホンモノの“特許証“です。

これが本物の“特許証“です。     好評を頂いております、“ニーレスト”が特許庁より、 世界初の有効性の高い、発明・開発と認められ、 特許となりました。     (なかなか本物をご覧になる機会は少ないと思います。 画像が本物の “特許証” です。)     当社は、     社団法人 長野県企業センターからAランク企業の認定を頂き、 特許や実用新案を保持しており、 JIS(日本工業規格)耐久試験を合格も取得し、     まじめに まっすぐ コツコツと毎日と十余年、 このような絶え間ない努力の賜物であります。     好評を頂いております、 内装リペア・内装カスタム・外装セミナーも、     受講者様のため、フォローも365日、 毎日でもバックアップさせて頂いております。   これからも、   まじめに まっすぐ、 絶え間ない努力を続け、   ”絶対、無理。を学問する。” を、貫いて参ります。     あなたの新規事業・独立開業の皆様のための、 カーケア業界、先進技術の誠心誠意のセミナー, セミナー後も365日体制でフォローを行って参ります。     まじめに まっすぐ コツコツ の最先端カーケア、 その先進技術をあなたの目でご確認くださいませ。     “技術のチカラを、あなたの未来のチカラに。”   貢献できると自負しております。 皆様の無料技術見学、心よりお待ちしております。   http://auto-tec-bamboo.com/?page_id=2 無料技術見学の予約はこちらから   (お蔭様で、無料技術見学の予約が多い状態であります。   お早目にご予定をお知らせ頂ければ、 ご希望の日程で無料技術見学が可能であります。   皆様の無料技術見学、心よりお待ちしております。)

これがホンモノの“特許証“です。

東京地検から起訴された「TS(トータルサービス)日本」のトータルリペア(株式会社アミークス)と、 当社は無関係の企業です。

  東京地検から起訴された「TS(トータルサービス)日本」(株式会社 アミークス)と、 当社は無関係の企業です。     「先日、捕まった、“TS(トータルサービス)日本”・トータルリペア (株式会社アミークス)と関係がある企業ですか?」     と、聞かれることが御座いました。     (ネット検索してみると、 確かに、東京地検特捜部に、     TS日本(株式会社アミークス) の企業自身と前社長が起訴されていました。 https://doccimo.blog.fc2.com/blog-entry-3353.html)       当社は、「TS(トータルサービス)日本」 (アミークス)のトータルリペアと、 一切関係のない企業であります。       当社は、     社団法人 長野県企業センターからAランク企業の認定を頂き、 特許や実用新案を保持しており、 JIS(日本工業規格)耐久試験を合格も取得し、     まじめに まっすぐ 20余年、 新規事業・独立開業の皆様に、 誠心誠意のセミナーを行っております。     当社は、「TS(トータルサービス)日本」のトータルリペアと、 一切関係のない企業であります。     どうぞ、安心して 無料技術見学・セミナーにお越しくださいませ。      

東京地検から起訴された「TS(トータルサービス)日本」のトータルリペア(株式会社アミークス)と、 当社は無関係の企業です。

オートバンブー加盟店では検索してもでてきませんが、 何か理由があるのでしょうか?

オートバンブー加盟店では検索してもでてきませんが、 何か理由があるのでしょうか? また、自分が始める時は加盟店と出さないといけませんか?     昨日の無料技術見学の方から、ご質問を頂きました。     本当にいい質問、有難う御座います。   (隣町出身の松本市の池上彰さんではありませんが、 「いい質問ですねー!」 有難う御座います。)     答えは簡単であります。   継続利益ビジネスの “主役は代理店様”   だからです。         FC本部の社名などを屋号とするチェーン形態とは、   “同一のマーク(ロゴ・商標)やイメージ、  そして同じ品揃え・同じ技術でチェーン経営する形態“   と要約されています。     何らかのFCに加盟店を訪れ、 そのサービスや技術に関心を持った時、     そのFC名が容易に判る場合は、 新規出店者も容易に増やすことが出来ます。     FC本部は、容易に短期的に規模を拡大させることが出来ます。       しかし・・・、   屋号によりFC本部は、容易に短期的に規模を拡大させることが出来る・・・!?     加盟したお店の立場になってください。       頑張れば、頑張るほど、ライバル店が増える。 儲ければ、儲けるほど、新規店を誘導し、   同じ品揃え・同じ技術のチェーン同士で、 顧客の奪い合いが起きてしまいます。     自動車は移動が容易であります。   カーリペアやカーケア施行という   (自動車は千円のガソリン代で、120km以上も移動が可能ですねー。)   ビジネスの場合は・・・、     加盟したお店にとって、   “同一のマーク(ロゴ・商標)やイメージ、  そして同じ品揃え・同じ技術でチェーン経営する形態“   は、 “デメリットにしかならない” のです。     一方・・・・、       このような チェーン形態の機能する条件 として、   “一般顧客がその屋号・ロゴ・商標で、  そのお店のサービスや技術の認知度が高いこと。“   と、されています。       例えば、セブンイレブンのロゴを見れば、 どのような商品・サービス・24時間営業など、 誰でも認知していると思います。     車業界で言えば、トヨタと聞いただけで車販売、 カーコンビニと言えば板金塗装、 シェルはロゴだけで燃料販売と、誰もが知ってますね。     指定の屋号のチェーンに加盟する場合は、   “一般顧客が その屋号・ロゴ・商標で、  そのお店のサービスや技術の認知度が高いこと。“     であります。     屋号指定は、FC本部の宣伝メリット にはなっても、 実施工・実ビジネスをを行う 代理店様(あなた)にはメリットが無い のです。       情報があふれている現代において、 移動が容易な自動車の施工   カーリペア・カーケアの屋号指定、 同じ品揃え・同じ技術のチェーン加盟とは、     “〇〇店は安かった。”という、お話だけで、 同じチェーン店同士での価格競争が激化し、 加盟店様の薄利化と激務化を進行させているのです。     (牛丼の「すき家」の激務や、コンビニの淘汰の ニュースはご存じかもしれません。 屋号指定のチェーン店の利益が少なく、 激務化しているのは、このためなのです。)       あなたは、ご自身の施行や技術が、 誰でも簡単に、どこのチェーン店か、     すぐに判ることをビジネスにしたいですか?   その本部の屋号を、あなたの社名にしたいですか?   同チェーンでお客様の取り合いをしたいですか?   施行の安価戦争に参戦したいですか?         増して、     移動な容易な自動車という カーリペア・カーケアビジネスは、   代理店様の継続利益の確保のため、 屋号表記は、絶対にやってはならない   ことだと、当社は考えています。     ホームページにも記載して御座いますが、   “受講者様の365日毎日のフォローを最優先しております。  充実したフォローがセミナー数の限界となります。“     そのため、   当社はご存じの通り、 大規模な宣伝や営業をしていません。     当社は、本部の宣伝メリットしかない、 屋号を社名にする必要はありません。   本部は、“脇役”、  継続利益ビジネスの “主役は代理店様”   なのです。   知名度だけが一流の会社より、 知名度だけが二流の会社でいたい。     このような当社の考えは、 下記のページを見て頂ければ嬉しいです。   米山から一言          

オートバンブー加盟店では検索してもでてきませんが、 何か理由があるのでしょうか?

1 2