これがホンモノの“特許証“です。

これが本物の“特許証“です。     好評を頂いております、“ニーレスト”が特許庁より、 世界初の有効性の高い、発明・開発と認められ、 特許となりました。     (なかなか本物をご覧になる機会は少ないと思います。 画像が本物の “特許証” です。)     当社は、     社団法人 長野県企業センターからAランク企業の認定を頂き、 特許や実用新案を保持しており、 JIS(日本工業規格)耐久試験を合格も取得し、     まじめに まっすぐ コツコツと毎日と十余年、 このような絶え間ない努力の賜物であります。     好評を頂いております、 内装リペア・内装カスタム・外装セミナーも、     受講者様のため、フォローも365日、 毎日でもバックアップさせて頂いております。 これからも、 まじめに まっすぐ、 絶え間ない努力を続け、     新規事業・独立開業の皆様のための、 カーケア業界、先進技術の誠心誠意のセミナー, セミナー後も365日体制でフォローを行って参ります。     まじめに まっすぐ コツコツ の最先端カーケア、 その先進技術をあなたの目でご確認くださいませ。   皆様の無料技術見学、心よりお待ちしております。   http://auto-tec-bamboo.com/?page_id=2 無料技術見学の予約はこちらから   (ご好評頂き、4月は全日に渡り予約が御座います。 是非、5月での皆様の無料技術見学、心よりお待ちしております。)

これがホンモノの“特許証“です。

当社の特許と、フィギアスケート宇野昌磨選手

    平壌オリンピック、羽生結弦選手の演技に 日本中が感動した男子フィギュアスケートでしたね。     羽生選手の怪我を乗り越えての金メダル、 本当に凄かったですねー。     その羽生結弦選手に勝つとも劣らないのが、 宇野昌磨選手でした。     皆さんも御存じかと思いますが・・・、     宇野昌磨選手のフリー滑走順番は、 全選手中の最後でした。     宇野選手は自分の持つ最高の演技をすれば、 すでに演技を終えている羽生選手を 上回る得点を出せる実績があります。     当然、宇野選手は金メダルを狙い、 必死の覚悟でリンクへ飛び出して行きました。       しかし・・・。       皆様もご存じの通り、 最初の4回転で大転倒!     この瞬間、金メダルは夢へと消え去ってしまいました。 当然、落ち込み・無念・失意の中だと思いました。     しかし、ここからが、 宇野選手の精神力の凄い所です。     何も無かったかの様に立ち上がり、 その後の演技は最高のパフォーマンスをし、 銀メダルという快挙を成し遂げたのです。     宇野選手はインタビューで、 転倒した瞬間を、この様に語りました。       「もう、笑っちゃて、   ...

当社の特許と、フィギアスケート宇野昌磨選手

当社、開発のニーレストが特許になりました。

当社、開発のニーレストが特許になりました。       好評を頂いております、“ニーレスト”が特許庁より、 世界初の有効性の高い、発明・開発と認められ、 特許決定となる通知を頂きました。   (生産が間に合わない状況で、お待たせをしている皆様、 申し訳御座いません。)     以前より他の特許や実用新案を保持していましたが、 更なる快挙に開発スタッフと共に喜びを分かち合いました。     当社は、     社団法人 長野県企業センターからAランク企業の認定を頂き、 特許や実用新案を保持しており、 JIS(日本工業規格)耐久試験を合格も取得し、     まじめに まっすぐ コツコツと十余年、 このような絶え間ない努力の賜物であります。     特許という、世界初の開発は挑戦であります。 皆様も新しい事業は挑戦であると思います。     私の尊敬しております、 中谷彰宏 先生の言葉です。     ”あなたの周りの風景を変えるには、          あなた自身で動くしかない”       これからも、     まじめに まっすぐ、 絶え間ない努力を続け、     新規事業・独立開業の皆様に、 誠心誠意のセミナーを行って参ります。       まじめに まっすぐ コツコツ の カーケア技術をあなたの目でご確認くださいませ。   皆様の無料技術見学、心よりお待ちしております。       弊社、特許 “ニーレスト” の詳細は、 下記をご覧くださいませ。 ( ”ニーレスト” 文字をクリックです。)   ニーレスト        

当社、開発のニーレストが特許になりました。

明けましておめでとうございます。車業界は20年ぶりの変化の年ですね。

謹んで新年のお慶びを申し上げます。 オートパーツバンブーの米山です。     現在の車業界ですが、   昨年、平成29年は輸入車市場が活況で、 20年ぶりに年間販売が30万台を超えました。     日本の消費者の好みに合わせた商品展開が功を奏し、 「日本カー・オブ・ザ・イヤー」も輸入車が獲得され、     26年ぶりの最高の株価上昇も、 富裕層による高級車販売を増大させた年でした。     (当社は新車・中古車販売も行っていますが、 こんなに外車や高級車が売れた年は過去になく、   街を見ても、“やけに外車が多いなあ。” “レクサスのLのマーク、よく見るねー。” と皆様も感じているかもしれません。)           いよいよ今年、平成30年は、 自動車業界に地殻変動し2極化されて来ました。         その2極化ひとつは、 外車・高級車販売の増によるカーケアの増大です。 新車は綺麗でも必ず使用に伴い劣化をします。     (外車・高級車は綺麗でないと、カッコがつきません。 いくら高額でも汚い・劣化した車では意味がありませんね。)       このような20年に1度の改革の現在、 リペア(修理)ビジネスが12兆を超えるトレンドとなっていることを、 また、カーリペアには多くの施工・利益となっていることを 皆様もご承知かもしれません。       その、高級車の代名詞、“ウット&レザー(革)”は、     その必要性から、それらの“カスタマイズ&ケア”は 必需技術と変化して参りました。     そして、     もう一つのキーワードは「EV(電気自動車)」と「自動運転」であります。 2018年は自動車産業における歴史的な転換点となります。       しかし、「EV(電気自動車)」と「自動運転」がどんなに普及しても、 自動車に外装にボディ・ガラス・ヘッドライト・テールランプ・ 人気のヨーロッパ車の窓枠のモール(白濁)などの カーリペアには多くの施工・利益となっています。       インテリアでは「EV(電気自動車)」と「自動運転」に開発費を使い、 チープ(プラスチックむき出しの安っぽい)内装と益々なってきました。     このような市販車のEV・自動運転からの 内装のチープさの反動である、     また現在も継続しているエコカーブームから、 内装にコストがかけられないという実情からも、 内装カスタムが最も多くの施工・利益となっています。       是非、弊社の無料技術見学で、 あなた自身の目で施行・技術を見て頂ければ嬉しいです。     皆様の無料技術見学、 社員一同、心よりお待ちしております。       本年が皆様にとって、 幸多き年となりますようお祈り申し上げます。  

明けましておめでとうございます。車業界は20年ぶりの変化の年ですね。

東京地検から起訴された「TS(トータルサービス)日本」と、当社は無関係の企業です。

  東京地検から起訴された「TS(トータルサービス)日本」と、 当社は無関係の企業です。     「先日、捕まった、“TS(トータルサービス)日本”(トータルリペア)と 関係がある企業ですか?」     と、聞かれることが御座いました。     (ネット検索してみると、 確かに、 11月10日に東京地検特捜部に、 TS日本の企業自身と前社長が起訴されていました。)       当社は、「TS(トータルサービス)日本」のトータルリペアと、 一切関係のない企業であります。       当社は、     社団法人 長野県企業センターからAランク企業の認定を頂き、 特許や実用新案を保持しており、 JIS(日本工業規格)耐久試験を合格も取得し、     まじめに まっすぐ 十余年、 新規事業・独立開業の皆様に、 誠心誠意のセミナーを行っております。     当社は、「TS(トータルサービス)日本」のトータルリペアと、 一切関係のない企業であります。     どうぞ、安心して 無料技術見学・セミナーにお越しくださいませ。      

東京地検から起訴された「TS(トータルサービス)日本」と、当社は無関係の企業です。

「セミナーで習得した技術を、他の社員にも教えていいのですか?」

  「セミナーで習得した技術を、他の社員にも教えていいのですか?」   無料技術見学の方から質問を受けました。       当社はもちろん、セミナーで習得した技術を 他の社員様にも伝授可能であります。       逆に、       セミナーで習得された技術を、 セミナーに来られた方だけに限られていることは、       皆様の新規事業や独立開業時の、 施行数・利益に限りがあるということです。       当社は、受講者様の利益を最大化させることが、 ビジネスセミナーの目的であると考えております。       そして、       多くの施行をお受け出来ることが、 継続的な利益になると考えています。       なぜならば、       あなたの利益の最大化のためには、 施行・技術だけでなく、 集客や営業などのマーケティングまでも、     受講者様だけでなく、他の社員様にも365日での、 のフォローを行うことが、       あなたの継続的な利益のために、       “論理的な近道”       となることが、 新規事業・独立開業セミナーの使命だと、 弊社は考えているからです。。       当社のセミナーで取得した、 技術・施行・マーケティング戦略も、 他の社員様にも伝授が可能であります。       安心してセミナー、 無料技術見学にお越しくださいませ。        

「セミナーで習得した技術を、他の社員にも教えていいのですか?」

車のこと、よく知らないのですが・・・。本当に、毎日でもフォローしてくれるのですか?

車のこと、よく知らないのですが・・・。 本当に、毎日でもフォローしてくるのですか?       皆様の新規ビジネスのご不安は当然であります。     車のリペアは不具合を削る・磨く・埋めるといった物理的なカーケア   が主流であり、いわゆる肉体労働を強いられる作業もあり、   車リペアは作業が難しい・長期のセミナー・長年の習熟が必要でした。       このようなリペアの難関を克服させたのが、   当社のAランク認定セミナーであります。       当社は、数日のセミナーは多くの施工に基づいた多くのメニューを、   あなたが確実・簡単・確実に施工出来るようになって頂けます。       そして、この多くの技術をあなたが身に付けることにより、   この多くのメニューの組み合わせで、様々な複雑な施工が可能になるのです。       しかし、まだ不安も御座います。     自動車は2年でマイナーチェンジ・4年でフルモデルチェンジを   しているのが自動車であります。   更にその車種・年式・グレード・国産・外車など様々ですね。       たとえ数ヶ月の長期研修をしても、全ての車種・全てのリペアに   たずさわることは出来ません。       そこで必要となるのは、あらゆる車種・年式・グレード・国産・外車の   施工実績のある専任スタッフによる1年365日体制のフォローなのです。       当社の技術伝授は、数日や数ヶ月ではありません。   あなたの独立開業・新規事業を毎日支える、   常識破りの超長期型フォローなのです。           もちろん、1日数十回でも   追加費用などは御座いません。     何度でも・何回でも、安心して   お問い合わせください。       受講者様 第一主義! 「365日のフォロー体制!」   これが業界No1と言われる由縁でもあります。     選ばれ続けて十数余年!  「安心の受講保証!」   初心者様も、プロの皆様も確実に技術を身に付けて頂けます。 どうぞ、安心して受講ください。   当社のフォロー体制はマスコミでも取り上げられています。 http://auto-tec-bamboo.com/?page_id=1490

車のこと、よく知らないのですが・・・。本当に、毎日でもフォローしてくれるのですか?

オートバンブー加盟店では検索してもでてきませんが、 何か理由があるのでしょうか?

オートバンブー加盟店では検索してもでてきませんが、 何か理由があるのでしょうか? また、自分が始める時は加盟店と出さないといけませんか?     昨日の無料技術見学の方から、ご質問を頂きました。     本当にいい質問、有難う御座います。   (隣町出身の松本市の池上彰さんではありませんが、 「いい質問ですねー!」 有難う御座います。)     答えは簡単であります。   継続利益ビジネスの “主役は代理店様”   だからです。         FC本部の社名などを屋号とするチェーン形態とは、   “同一のマーク(ロゴ・商標)やイメージ、  そして同じ品揃え・同じ技術でチェーン経営する形態“   と要約されています。     何らかのFCに加盟店を訪れ、 そのサービスや技術に関心を持った時、     そのFC名が容易に判る場合は、 新規出店者も容易に増やすことが出来ます。     FC本部は、容易に短期的に規模を拡大させることが出来ます。       しかし・・・、   屋号によりFC本部は、容易に短期的に規模を拡大させることが出来る・・・!?     加盟したお店の立場になってください。       頑張れば、頑張るほど、ライバル店が増える。 儲ければ、儲けるほど、新規店を誘導し、   同じ品揃え・同じ技術のチェーン同士で、 顧客の奪い合いが起きてしまいます。     自動車は移動が容易であります。   カーリペアやカーケア施行という   (自動車は千円のガソリン代で、120km以上も移動が可能ですねー。)   ビジネスの場合は・・・、     加盟したお店にとって、   “同一のマーク(ロゴ・商標)やイメージ、  そして同じ品揃え・同じ技術でチェーン経営する形態“   は、 “デメリットにしかならない” のです。     一方・・・・、       このような チェーン形態の機能する条件 として、   “一般顧客がその屋号・ロゴ・商標で、  そのお店のサービスや技術の認知度が高いこと。“   と、されています。       例えば、セブンイレブンのロゴを見れば、 どのような商品・サービス・24時間営業など、 誰でも認知していると思います。     車業界で言えば、トヨタと聞いただけで車販売、 カーコンビニと言えば板金塗装、 シェルはロゴだけで燃料販売と、誰もが知ってますね。     指定の屋号のチェーンに加盟する場合は、   “一般顧客が その屋号・ロゴ・商標で、  そのお店のサービスや技術の認知度が高いこと。“     であります。     屋号指定は、FC本部の宣伝メリット にはなっても、 実施工・実ビジネスをを行う 代理店様(あなた)にはメリットが無い のです。       情報があふれている現代において、 移動が容易な自動車の施工   カーリペア・カーケアの屋号指定、 同じ品揃え・同じ技術のチェーン加盟とは、     “〇〇店は安かった。”という、お話だけで、 同じチェーン店同士での価格競争が激化し、 加盟店様の薄利化と激務化を進行させているのです。     (牛丼の「すき家」の激務や、コンビニの淘汰の ニュースはご存じかもしれません。 屋号指定のチェーン店の利益が少なく、 激務化しているのは、このためなのです。)       あなたは、ご自身の施行や技術が、 誰でも簡単に、どこのチェーン店か、     すぐに判ることをビジネスにしたいですか?   その本部の屋号を、あなたの社名にしたいですか?   同チェーンでお客様の取り合いをしたいですか?   施行の安価戦争に参戦したいですか?         増して、     移動な容易な自動車という カーリペア・カーケアビジネスは、   代理店様の継続利益の確保のため、 屋号表記は、絶対にやってはならない   ことだと、当社は考えています。     ホームページにも記載して御座いますが、   “受講者様の365日毎日のフォローを最優先しております。  充実したフォローがセミナー数の限界となります。“     そのため、   当社はご存じの通り、 大規模な宣伝や営業をしていません。     当社は、本部の宣伝メリットしかない、 屋号を社名にする必要はありません。   本部は、“脇役”、  継続利益ビジネスの “主役は代理店様”   なのです。     このような当社の考えは、 下記のページを見て頂ければ嬉しいです。   米山から一言          

オートバンブー加盟店では検索してもでてきませんが、 何か理由があるのでしょうか?

速い人より、早い人の方が、抜け出す!

  速い人より、早い人の方が、抜け出す!   これは、ビジネスに共通する鉄則だと言われています。   この、ビジネスの鉄則の意味は、 “早い人”はスタートが早いのです。   どんなに実力があって“速い人”でも、 スタートが遅いと、群衆に埋もれてしまいます。   その他大勢の中では、前後や横並びの人に邪魔をされ、   スタートが遅ければ、遅いほど、 わずかなスキマを探して、四苦八苦してエネルギーを使うのです。   そんな後発組の足の引っ張り合いの間に、   スタートが早い人は、 誰にも邪魔されず、悠々と自分のペースで、 お客様のニーズを自分のモノにし、ビジネスの差を広げているのです。   実力のある速い人より、 スタートの早い人が、ビジネスを成功できるのです。     多くのメニューをご伝授させて頂いているのは、 皆様の地域で、“1番早い人”になって頂くためなのです。   数少ない技術や限られた施工に、 あなたのビジネスを任せられますか?   多くの技術や様々な施工で、 “あなたが早い”が成り立たせることができ、 ビジネスを成功させることが出来るからなのです。     実力のある“速い人”より、 スタートの“早い人”が、 ビジネスを成功できるのです。   毎月、多くの皆様に無料技術見学・ Aランク認定セミナーを受講頂き、心より感謝申し上げます。   皆様の地域で1日でも“早い”、 無料技術見学をお待ちしております。   ぜひ、他社様の説明や技術見学後、当社にお越し下さい。   他社にない先進の技術と利益性で、 あなたをびっくりさせたいです。   ホームページでは伝えきれない感動、約束します。   (無料技術見学の予約の際に、 〇〇県△△市をお知らせ頂ければ幸いであります。   当社のセミナーは先着限定となっております。 セミナー受講をお断りする場合も御座います。 その際はご了承ください。)   皆様の無料技術見学、 社員一同、心よりお待ち申し上げております。    

速い人より、早い人の方が、抜け出す!

「なぜ、高級車はウッド内装なのでしょう?」

    「なぜ、高級車はウッド内装なのでしょう?」 昨日の無料技術見学にお越しの方の言葉です。     確かに、   高級車の内装はウッドで飾られている車種が多いですね。     自動車の歴史を辿っても、今から132年前にダイムラーが 内燃機関の特許を申請し、カール・ベンツが最初の自動車販売を行い、 近代自動車の歴史が始まりました。     その後の自動車の歴史は、 その時代、その時代の最先端の技術を惜しげもなく投入し、     エンジン・タイヤ・ブレーキ・ボディなどなど・・・。 車を形成させている機関・パーツ・性能は、     ダイムラーやベンツの時代から 全てにおいて大きな進化をし続けています。     (現在の自動車を、ダイムラーやベンツが見せたら、 あまりの変化に驚くでしょうねー。)   しかし、     これほど変化・進化をしてきた自動車の歴史でも、 132年前にダイムラーとベンツが車を作った時も、   現在の全世界の高級車と称されるフラッグシップカーは、 今でも“ウッド内装”なのです。     なぜ、こんなにも変化と進化の歴史である 自動車なのに・・・? なぜ、最先端の技術を真っ先に導入してきた 自動車なのに・・・?     無料技術見学にお越しの方の言葉、 「なぜ高級車は、ウッド内装なのでしょう?」     私たちはドキドキした時、緊張を強いられた時、 “手に汗をにぎる”と言われるように、 手に汗をかくことがあります。     これは、私たち人間の祖先である類人猿の時代、 獣に襲われた時、木に登り逃げ、生き延びてきました。     獣に襲われた時、手に唾液を付け、 滑り止めをしている時間はありません。     進化の途中で、手から汗を噴出できるサルだけが、 生き延びてきたのかもしれません。     そして、     命かながらに、木に登り 自分の身の回りを木に囲まれた時、 「ほっ!」と安堵したのかもしれません。     現代の人間に “手に汗を噴出させる” 機能は必要ありません。 必要な無いのに、そのDNAは引き継がれています。     木に囲まれている時に、 “安堵する” “リラックスする” “落ち着く” “ゆったりとする”     というDNAが、     現代の私たちにも存在しているのではないか、 と私は考えています。                         この、   “安堵する” “リラックスする” “落ち着く” “ゆったりとする”     というのが高級車に求められ、 132年もの間、ウッド内装が不変な理由かもしれません。     当社は、このような不変のウッド内装もセミナーしていますが、   代理店の皆様も内装カスタム施行で、 ウッドカスタムが最も多い施行となっている理由なのです。     さらに、     “安堵する” “リラックスする” “落ち着く” “ゆったりとする”   という感覚は、人間本来の感情であるため、 クラシカルやポップな軽自動車にも多くなっています。       当社のホームページの冒頭   「 スタートダッシュから、継続利益を網羅した、 生涯生かせる、 カービジネスセミナー! 」     とは、     “不変な施工・技術が、受講者様の継続的な利益に貢献!” “真の高技術とは、人にやさしい技術である。”     これが当社のDNAであります。     無料技術見学で、このような 当社のDNAも感じて頂ければ幸いであります。   皆様の無料技術見学、 社員一同、心よりお待ち申し上げております。    

「なぜ、高級車はウッド内装なのでしょう?」

1 2